c180528_001H

ホンダの航空機事業子会社、ホンダ エアクラフト カンパニーは、スイスのジュネーブで5月28日(月)から31日(木)まで開催される欧州最大のビジネス航空ショー「EBACE2018」に先行して行なわれた発表会で、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の最新型としてアップグレードされた「ホンダジェット・エリート」を世界初公開しました。

人気記事!!


航続距離を約17%延長
新型「ホンダジェット・エリート」は、主翼上面のエンジン配置や自然層流翼型、自然層流ノーズ、一体成型複合材胴体などのホンダジェット独自の技術を従来型から引き継ぎつつ、複数の最新技術と装備が加えられています。

その結果、従来型に比べて、航続距離を約17%(+396km)延長、高周波のエンジンノイズ低減により客室内の静粛性をさらに向上、そしてアビオニクスシステムの進化により、離着陸時および飛行時の安定性や安全性などの面でもその機能をさらに強化しています。

また、燃費効率も非常にも優れ、同等サイズの双発ビジネスジェット機よりも温室効果ガス排出量を低減しています。これらにより、「ホンダジェット・エリート」は、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、静粛性、室内サイズおよび航続距離を実現しました。

「ホンダジェット・エリート」の主な特徴

・航続距離:クラス最長の1,437ノーティカルマイル※2(約2,661km)
・ノイズ低減空気取り入れ口構造:エンジンインレットに、客室内のノイズを低減する新構造を採用
・飛行マネジメント機能:速度や巡航高度、燃料消費率などを最適化する飛行計画を自動作成
・離着陸距離マネジメント機能:気温や標高、機体重量などに基づき必要滑走路長、Vスピードおよび適正な上昇/進入角度などを自動計算
・機体安定性及び安全性強化機能:運用限界を超える領域での飛行を防ぐ機能
・ゴーアラウンド時の自動操縦機能:ゴーアラウンド時にも自動操縦機能を保持し、パイロットの負荷を軽減
・機体カラーに新しい特別色を追加:アイスブルー/ルビーレッド/マナークオレンジの3色を追加
・Bongiovi(ボンジョヴィ)オーディオシステム:航空業界初のスピーカーレス室内音響システム

その他の機内装備(オプション)
・ベルト付き化粧室シート
・新デザインギャレー(厨房)
・ツートンカラーの皮革製エグゼクティブシート

クラストップのセールスを記録するホンダジェット
c170301_001L
(こちらは従来型ホンダジェット)

ホンダジェットは、2015年12月に型式証明を取得した後、北米、欧州、中南米、東南アジアおよび中国に販売およびサービスネットワークを拡げ、2017年には小型ジェット機カテゴリーのデリバリー数において、世界No.1を達成しています。

最近はTVCMでも見かけるようになりましたが、普段クルマでしか目につかないホンダも、実は空の上で大ヒット中なのです。今回の新型は、航続距離、最新のエレクロニクス、高級装備と居住性能などの向上など、まるでクルマのマイナーチェンジのような改良がなされ、クルマもジェットも、燃費と居住性が求められているという事実が興味深いですね。





スポンサードリンク

    コメント一覧

    コメント一覧

      • 1. 名無しさん
      • 2018年06月02日 12:27
      • ID: W2.OPeNw0
      • ホンダジェットって実質2人乗り+なんだけど、一人乗りか、女連れぐらいの金持ちにはちょうどいいんだろうな。

    コメントする

    ポップアップ機能を追加しました。
    コメント欄への返信は「※返信したいコメント欄の番号」例:※11、
    本文記事への返信は「>>返信したい本文記事の番号」例:>>11でポップアップされるようになります。

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット