roco
リコチャレとは、理工系分野に興味がある女子中高生・女子学生が、将来の自分をしっかりイメージして進路選択(チャレンジ)することを応援するため、 内閣府男女共同参画局が中心となって行っている取り組みです。様々な企業や団体が各種のイベントを行っていますが、その中からスケジュールの近いキャタピラーとNEXCO中日本のイベントをご紹介しましょう。今回は「ドボジョ」に注目しました。


人気記事!!

キャタピラージャパン「女子高校生向けのエンジニア1日体験」
category_mini-he

キャタピラージャパンは、夏のリコチャレ・イベントとして、女子高校生向けのエンジニア1日体験を8月1日に明石事業所(兵庫県)で開催します。

建設現場になくてはならないキャタピラーの油圧ショベルの開発センターには様々な仕事がありますが、今回の「エンジニア1日体験」では、油圧ショベルを造る工場見学、本物の油圧ショベルの試乗、3Dスキャン、3Dモデルの作成体験、バーチャルリアリティー体験、そして、先輩女性社員との昼食懇談会などを予定しています。そして、地球規模の企業であるキャタピラーで働くエンジニア達の仕事に触れるとともに、迫力ある油圧ショベルも体感できるイベントとなっています。参加費は無料で定員は15名。7月20日までメールにて申し込みを受け付けています。

NEXCO中日本「女子学生向けの高速道路建設現場の見学会」
img_c-challenge_01

NEXCO中日本も、リコチャレとして、女子学生向けの高速道路建設現場の見学会を8月3日、新東名 河内川橋工事現場(神奈川県山北町)で開催します。見学会では未来の理工系女子に、普段見ることのできない高速道路建設現場を公開します。

当日は、橋を架ける工事の現場をNEXCO中日本のドボジョ(土木系女子)と一緒に見学します。そして、「橋って、どうやって架けるの?」「高速道路って、どうやって造るの?」「仕事のやりがいは?」などなど、未来の理工系女子の疑問にもドボショが答えてくれます。また、リアルな模型とバーチャルな映像で高速道路を体感できるARなどを使って、高速道路事業をわかりやすく紹介。さらに、高速道路を見守る道路管制センターの見学なども行います。参加費は無料。女子中学・高校生25名の定員で、郵便またはメールにて7月19日まで参加申し込みを受け付けています。

将来の人材確保という側面もありますが、実際に体験することで、これまで無縁だった世界を知り、将来の選択肢を増やすためにも興味をもったらぜひ参加してもらいたいです。






スポンサードリンク

    コメント一覧

    コメント一覧

      • 1. 名無しさん
      • 2018年06月19日 18:16
      • ID: geSRFckv0
      • リケジョという即死した流行語があってだな…
      • 2. 名無しさん
      • 2018年06月19日 18:37
      • ID: 0oBnLD620
      • ドボジョも死語やで
        けんせつ小町が本来流行らせたい言葉
      • 3. 名無しさん
      • 2018年06月19日 20:23
      • ID: HjA.fYic0
      • ドボンジョ様
      • 4. 名無しさん
      • 2018年06月20日 00:14
      • ID: b7CvP8tp0
      • ドブに入るって感じがするな

    コメントする

    ポップアップ機能を追加しました。
    コメント欄への返信は「※返信したいコメント欄の番号」例:※11、
    本文記事への返信は「>>返信したい本文記事の番号」例:>>11でポップアップされるようになります。

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット